ぬるく綴る、日々のゲーム奇行
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CAB6OVRL.jpg




CAPWMHHV.jpg



それではコメントに文句をどうぞ。
スポンサーサイト
時間はあるけど行動はしない俺様参上。ダメすぎ。





というわけで6の3です。サブスキル。









まぁ一口にサブと言っても色々あるので、目ぼしい物だけ解説していきます。














先ずは牙。




牙ってーと罠、罠ってーと牙というくらい牙罠が一つの単語として成り立っておりますが、Pre狩り視点から言いますと


牙+罠は良構成とは呼べない







何故か。



牙の最大の武器と聞かれて皆さん先ず思い浮かぶのはブラッドレインでしょうが、結論から言ってしまうと


「ヘイト」という、こちらが能動的に相手の動きを予測・制限できる要素がある限り、レイン程度の小範囲・短時間足止めは必要としない。


となってしまいます。











なんで?レインで足止めって十分役立ちそうじゃない?との反論もあるかと思いますが


相手の進行方向が予測できてしまうので、先回りしてコマハベ設置だけで十分対処できます。レインは必要ないんです。















では、先入観無しで牙というスキルを見た場合、何が武器か。





ST効率の良好なバイト・ブラッドサック、人型Mobを下僕にできるブラッドシェアー、Buff時間を多少延長できるバットフォーム



そして何より、AGIを強力にブーストできるワーウルフ。









装備や構成次第ですが、ワーウルフがあれば回避180も夢ではなく、回避型タンクという面白い構成も可能です。















では次、罠。




「これさえあればBurnerイラネ」ってほど強力凶悪スキル。
Preではブッチギリ最強の攻撃手段です。

巨体Mobには当たらないという弱点もありますがね。




その強さをさらに補佐するスキルは2種、盾と酩酊です。







カミカゼで総スタンさせたところで罠設置、後は適当に耐えていれば相手は勝手に死んでいきます。




そして酩酊。固定地点POPのMobの足元に行き、設置してセンスレスを繰り返せば、反撃を受けることなく毒殺可能。









D鯖にこんなキャラを持っていますが、ソロ強し、PTではTank+Burner担当と至れり尽くせり。









最大の欠点は、一度体験するととりあえず罠取っとけば困らないと判ってしまうこと。
おいらは禁止スキルに設定しております。3キャラ以上罠がいたら負けだ!















さて次は調教です。




個人的にはペット可愛いよペット、という人が取得するべきもので、育成が本来の目的だと思いますが・・・










Lv100を超えるようなペットはPCの限界を超える耐久度を誇ります。





その強さはラット祐一君の飼い主のELDOさんが実証済み。

ガイアのタゲを一人で保持しやがります。







他にも、各地の下僕を調達して戦力に加えることができ、下僕がいない場所ではベビギガやネオオルを駆使してのお手軽壁増やしも可能。



こちらも禁止スキル認定しております。






ただまぁ、先程も述べたとおり、ペットを愛でるために調教を持っている人こそ正しいテイマーであり、戦闘スキルとして取るのは邪道な気もします。

ママンが持ってますけど。














最後に音楽の解説いってみましょう。



最近実装されたスキルで、まだまだ検証例の少ないスキルですが、おいらはばっちり音楽90キャラ作りました。








先ず主力はイクシオンマーチ。スキル88で3段階強化が100%成功するようになり、AC+45の短時間Buffが付きます。


というか、これしかやることないです。






あくまで趣味スキルだと思います。ウン、使ってみた感想でね。






強いて利点を挙げるとすれば、GHよりも遠くから味方にBuffをかけ続けることができるということと、有用なBuffが多い割りに副作用が一切ないことくらい。










まぁ、趣味スキルですよ趣味。



物珍しさに取るならいいんじゃないですかね。

上がりませんけど。















解説が必要なスキルはこのへんかな。



次回が多分最終回、リソース管理と継戦能力についてを予定しております。
まーた間が空きまくりだよ。











ってなわけで、予告通りレンジド武器とサブスキル。













先ずは遠距離攻撃と言えばコイツ、弓。



総括して言ってしまうと、


「とにかく弓は威力が高ぇ!後のことは知ったこっちゃねぇ!」



という感じ。




刀剣を超える武器Dmg+優秀テクニック数多と、威力に直結する部分が最も優遇されている武器です。

金属矢やブレイド系Buffでさらに上乗せも可能と至れり尽くせり。













まぁそう美味い話はないもので、重い割りに耐久の低い武器、必須にもかかわらずやっぱり重い矢、デカいST消費、範囲技がどうしようもない、接近されると威力が下がり、アタックが素手に化ける欠点、高い威力故に真っ先に敵に狙われる等等、短所・課題もてんこ盛り。











棍棒の項でも書きましたが、「強力なスキルは使い手の技量に大きく依存する」を地で行く武器です。













長所を伸ばすか、短所を克服するかは、プレイヤースキルを鑑みて構築したほうがいいでしょう。












お次は銃です。





銃と言ったら弾の重さ、と言われるくらい重量問題に悩まされる銃。

ただ、肝心の威力は申し分なく、連続ノックバックのお陰で射手本人は意外と防御に悩まされることがないのが銃の強みでしょうか。

命中もエイムファイアーのお陰である程度カバーできますし。









あと、目立たないながらも重要な欠点として、防御を疎かにすると2体以上の敵には成す術がないというのは忘れないようにしましょう。




キャノン設置+インビジなんかで凌がないと、タコ殴りにされて死にます。








とまぁ、欠点を克服しようとすると、弓並みに手間がかかるのも銃です。


よしんば克服したとしても尚、弾の調達には手を焼かされます。

よっぽど金が有り余っている方か、別キャラで自掘できる方以外は手を出さないことをお薦めします。











これ以外遠距離攻撃あったっけ?とか言わないでくださいよ。お次は破壊魔法です。



弓のST問題、銃の重量問題と来れば、破壊は触媒代が問題です。



リトルツイスターで凌いでください、でぶった切ると余りに手抜きなので他にも・・・






破壊は命中率を考えなくていいので、純粋に威力向上だけ考えてもいいのですが、その威力がどうにも低いのが問題。












正確に言うと、基礎的な威力は問題ないのですが、MoEは強い敵は高いレジストも同時に持ち合わせている、という何とも手抜きな設定が足枷となり、今ひとつ実Dmgが伸びません。





魔法つったら範囲攻撃だろうよ!と思われるかも知れませんが、これまた腐った同期のせいでやっぱり涙目。






同期云々に関しては、タンクがしっかり足止めすれば無問題なのですが、レジストを下げるDebuffが種々の理由でオワットルため威力問題がどうにもならないのが実状です。









なので、無理して威力を追及するより、ダメージと同時に与えられるDebuffに注目して構築すると、幾分違った世界が見えてきます。








例えばフローズンビーム。


被クリティカル率上昇のDebuffがかかるため、破壊を弓や銃のサブスキルとして取得すると幸せになれます。




銃弓は範囲技が腐ってるので、その点も破壊でカバーできるので、相性は悪くないです。









他にもサンボルの足止めや、ブリザードの鈍足なども中々に強力です。

防御手段としてのカオスフレアも中々クール。





トンデモな方向にぶっ飛ばすのは禁止ですが。






そのあたりを考えると、こんな構築例もアリと言えるでしょう。












あとレンジド武器?ありますとも。投げです。




古はスパークルミートボムが鬼威力だったり、シャドウストライク中は行動し放題だったりでPre・War問わず強スキルだったのですが、肉団子実装+スパクル弱体化でPreでの火力が激減。すっかり日の目を見なくなった可哀相なスキルです。






ちなみにWarでは未だに強力スキルではあります。当たればの話ですが。











では今の仕様でPreを考えると、どのような運用法が向いてるか?


肉団子が意外と重いので、槍や棍棒の補佐としてバンバン投げつける運用は厳しく、軽い肉団子は威力や付加効果が微妙、トマホークやチャクラムなんか投げてられっかよ!となると・・・











ピンチのときに投げつけるノックバック付加のミートボム+シャドウストライク・バニッシュクラウドのインビジを目的とした、防御メインの攻撃スキルがベストと考えます。





回避オンリーのキャラが、包帯を巻く時間を稼ぐときなんかに使うといいんじゃないでしょうか。






肉団子が意外と重いのであまり大量に持っていけないのが辛いところですが、回避型近接なら筋力70↑は持ってるでしょうから、合計300発くらい。


ぽんぽん投げてるとあっという間に底をつく数ですが、距離を置いて戦いたい場面限定で使えば、何とかなる量かな。










さぁお次はサブスキル!と思ったんですけど、今回も量が凄いのでここまで・・・

一口にサブスキルつっても量が多いので、もうちょっと量を減らすか言いたいことがある奴限定で書こうと思います。
随分間が開きましたが6回目です。そろそろネタが尽きてきた。










今回は色んな単一スキルについて。






防御スキルに関してはまぁ、皆さんご存知の通り盾と回避なわけですが



盾は少数精鋭を相手にするときに強く、回避は相手の数がやや多めのときに効果を発揮します。






あと、何もしなくてもいいという回避の利点は、WoVや被スタン状態のときでも、ある程度の効果が望めます。



盾88で回避ナシだと全部喰らいますしね。








安定度から言うとブッチギリで盾ですが、前述のWoV中やST切れなんかの事態を考えると、少々話が複雑になります。




このへんのこと書いてると、記事1回分を丸々使いそうなので端折りますが。









あと、盾にしろ回避にしろ、レジとACはできるだけあったほうがいいです。



最低ラインはBuff前で共に40といったところ。


できればACは60くらいあると、大分違います。





レジは取るなら、できるだけ取ったほうがいいです。
















防御系はこのへんにして、お次は戦闘用スキル。








先ずは素手から。




大前提として、「手数の素手」という認識は捨てること。



「手数が多い」というより、「火力が低いから、手数でフォローするしかない」というのが現実です。



そういう意味から言えば、メインの攻撃手段とするには辛く、2武器のサブで取得するのがベター。





「火力が低い」と書きましたが、メインアタックのディレイ:威力比の話であって、テクニック自体の性能は高い部類に入ります。


時間が短く倍率も高いので、一瞬で大ダメージを奪うことができるのが素手の魅力の一つです。





Preだと使ってる人を全然見かけませんが、IFは非常に強力なので、素手使いは10本でもいいからサムを持ち歩きましょう。16連打ー!


(このCM、つい最近Qooやんに教わりました。





アタックとジャブで間合いを調整し、ここぞというタイミングでCF・IFを叩き込むのが素手の理想ですね。



勿論、クローは装備しましょう。









蛇足ですが、足りない手数を補うためにブラインドジャブ撃つ奴は論外。


ライン維持、ヘイト管理の大敵です。

















次、刀剣行ってみましょう。




高めの武器Dmgに倍率の良好なテクニックを複数持つ刀剣は、Pre狩りでのメインアタッカーとして働けるだけの火力があります。


反面、テクニック自体にクセの強いものが多く、扱うには若干の慣れと経験を要します。











と普通の解説なんかどうでもよくて、個人的には刀剣は防御武器だと思っております。


理由は言わずもがな、SDの存在。





リアクティブ?範囲技?そんなの関係ねぇ!関係ねぇ!

被Dmgを強烈に下げることができるのが、SDの真価です。




コダチも真っ青の軽減量で、ブレイクされることもない安定度が売り。










刀剣・盾・着こなし・レジでガチンコTankの出来上がりです。

毒皿で物まねも取ってしまえ。








正直、刀剣の技は使いにくいものが多く、速度・ST効率・威力の面で実用に耐えうるものがCS・スタブ・VBくらいなので、DDerとして運用すると若干キツイんですよね。


STドカ食いするし。






EXEは下手するとウボァーってなるから個人的には嫌いです。
使わざるを得ない場面も、あるにはありますが・・・



















お次は棍棒です。


武器Dmgは刀剣をも凌駕する上に、使いやすい範囲を併せ持つ・・・と言うと聞こえは良いですが、素早い技がなく、上回る筈のDmgも雀の涙。にもかかわらず武器ディレイは長め、とあまりパッとしない武器。





あと、使いやすい範囲と評判のボルテですが・・・そりゃ前線で振り回せばどれかには当たるだろうよ!



棍棒の真価はスニークとクエイクです。ボルテも非常に強力ですが、当たりやすいということではなく、広範囲のノックバックが大事な所です。






足止め、ノックバック、重いDmgとくれば答えは一つ。

敵の波を押しとどめるのに抜群の武器です。





又、敵Mobの群れを分断するのにも、そのポテンシャルを十二分に発揮します。








後ろに逃げよう逃げようとする敵に対してのスニークも、安定した狩りには欠かせません。




ただ、こういった強力な技は、使い手の技量に大きく依存するということも忘れないでください。
適当ボルテ、適当クエイクは、かえってピンチを招きます。


まぁ、失敗しないと上手くならないんで、そこは頑張って練習して下さい。

















はい、槍です。ランス大好き(どうでもいい




「手数の素手」ならぬ「手数の槍」。発動が短く、タイムリーな攻撃を得意とする、MoE近接界の万能選手。
範囲技も2種類あり、STを全く消費しないバトフォアタックも健在で、非常に使いやすい武器だと思います。




反面、威力に乏しく、DPSはやや高めながらもルート争いは苦手とするところ。






弱点を克服するべく、弓や銃と組み合わせたり、神秘を取ってLBバトフォを使うなどの工夫をすれば、欠点のない良質な攻撃手段となります。





装備の面で工夫すべきは、単純なATK増加よりもクリティカル発生率に目を向けてみましょう。









詳細なチューニングは省きますが、単純に威力が1.5倍になるのでこれを使わない手はない・・・かも。



クリ率上昇アイテムはどれも高価なのがね・・・













大分長くなったので、今回はここまでで。



次回はレンジド武器とサブスキルについて書けたらいいな。
// HOME // 
プロフィール

怜

Author:怜
ややクソゲーマー寄りな人
メールはmidori_no_post▽hotmail.co.jpに。▽を@にしてお使い下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。