ぬるく綴る、日々のゲーム奇行
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はゲム以外の話で更新です。

実は先日、とある知り合いの方から、自転車レースのDVDを借りたのです。

4大自転車レースの一つと言われる、ツール・ド・フランスの全日程分です。多分、100時間以上あると思います。

去年か一昨年、アンダルシアの夏というアニメ映画(ジブリ作品だったかな?)でちょっとは知られるようになった自転車レースですが、日本での認知度はまだまだ低い模様。

アンダルシアの夏をご覧になった方で、自転車レースを知らない方は、あのアニメで描かれた自転車レースを、きっとご理解頂けなかったと思われます。

そこで、要らぬお世話と思いますが、ちょっとだけ自転車レースを解説いたしましょう。と言っても、仔細なルールは知らないので、ごく一部の解説になりますが。




選手の漕ぐ自転車の平均時速は、50kmを超えます。
自転車をギャリギャリ漕ぐ方はご存知でしょうが、意外と自転車は空気抵抗がひどいため、高速になればなるほどスピードを維持するのがしんどいです。後で重要になるので、憶えておいて下さい。

で、まぁ、長距離レースなので、先行逃げ切りタイプの選手と、末足で勝負する選手がいるわけです。大抵の選手はラストスパート型な上に、一度に50人以上が走るため、末足型選手でダンゴ状態。一部の先行逃げ切り型が、10人強の集団を作って逃げるわけです。

さて、ここからが重要なのですが、先ほども申し上げた通り、選手は空気抵抗を受けてどんどん体力を消耗します。なので、自転車レースでは、交代交代でお互いを風避けにしつつ走るのです。

「オマエ、前に出て俺を引け」というジェスチャーをレース中によく見ますが、この「引く」とは、「風避けになってくれ」という意味です。

特に逃げチームを見ているを面白いのですが、10人くらいがしょっちゅう順番を入れ替えつつ、敵同士が協力しあって後続から逃げるわけです。意地張って一人旅を続ければ、一番最初にスタミナが切れるのは目に見えてますからね。

この意地悪なレース展開が、あちは大好きです。
他にも、他の選手のペースを乱そうと、逃げチームからさらに突出する選手もいます。これをアタックと言います。

で、アタックが不発に終わる(誰もついて来ない)と、スタミナ温存のためにすごすごと集団の中に戻ってきたりします。もう大好き。

これから徹夜で第一日目を見ようと思います。梅酒のお湯割りと、ビーフジャーキーを片手にニヤニヤしながら観戦してきます。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
http://13cm2garden.blog29.fc2.com/tb.php/14-36450b77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
プロフィール

怜

Author:怜
ややクソゲーマー寄りな人
メールはmidori_no_post▽hotmail.co.jpに。▽を@にしてお使い下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。